勃起不全治療の革命を起こしたファイザー社のバイアグラ

FDAによるバイアグラの認可

FDAによるバイアグラの認可

 

FDAによるバイアグラの認可

バイアグラがFDAに認可された時、さらに一般の人々がバイアグラを利用できるようになりました。

 

次の月には、バイアグラは勢いを増して広まりました。アメリカ中の新聞が「インポテンツ治療薬の販売をアメリカが許可、巨大市場の出現」と類似する見出しを付けて報道しました。

 

この記事はアメリカ人男性の3000万人の共通の苦しみである、勃起不全を秘めたる恥と暴露し、初の男性の性的不能治療薬で自然なバイアグラの登場を告げたのです。

 

ファイザーの科学者らが、度肝を抜くような幸運から偶然にもシルデナフィルに勃起を生じさせる効果があることを発見し、その素晴らしさを認識するや否や、新薬の開発に飛びつきました。

 

バイアグラの臨床試験の被験者が、残った錠剤をそのまま持って居させてくれとファイザー社に頼んだことや、友人にも分け与えたことがありました。

 

バイアグラは健常な男性のものではないと警告する泌尿器科医の言葉があり、これらのことも報道されました。
全国に出回った数多くの製品発表に反する記事同様、ファイザーの公式バイアグラ物語を反映していて、バイアグラのついての市場楽観主義、ファイザー社が生み出した統計データと科学的発言、ファイザー社と提携した権威、スポンサー、アメリカ人男性の10人に1人は内科的異常であるという暗示がすべてそろっているのです。

 

この公式バイアグラ物語は、バイアグラ発売後の変更でもそのまま存在し続けました。

 

処方を求める電話が各病院に殺到し、泌尿器科への電話がすぐに通じにくくなりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ